isla del pescado-手織りテキスタイル-ヨガマット-多肉植物-販売

Trichodiadema bulbosum

姫紅小松

Trichodiadema bulbosum 姫紅小松

造形美溢れる株姿のトリコディアデマ・ブルボサム

Trichodiadema bulbosum 姫紅小松 image_1 Trichodiadema bulbosum 姫紅小松 image_2 Trichodiadema bulbosum 姫紅小松 image_3 Trichodiadema bulbosum 姫紅小松 image_4 Trichodiadema bulbosum 姫紅小松 image_5

price : ¥24,300

stock : 1


然の盆栽メセン、“トリコディアデマ・ブルボスム”です。


南アフリカ - 東ケープ州のポートエリザベス一帯が原産です。
砂礫混じりの荒れた平原や、灌木地帯に自生しています。

種小名の 'bulbosum' は、ラテン語で“球根状の”という意味があります。
和名には “姫紅小松”というなかなかオツな名が与えられています。

リトープスやコノフィツムなどと同じハマミズナ科のメセンの仲間で、塊根性の小型種です。
古株になっても樹高は30cmほどの大きさにしか成長しません。

英名では 'African Bonsai' と呼ばれているように、まさに天然の盆栽のような見た目をしています。
盆栽のように手間暇をかけずとも、このような樹形になる素晴らしい種です。

種小名の '球根状の' という意味どおり、太く発達した塊根を何本も生やしています。
自生地では塊根は半分地中に埋まっていますが、鉢植えの場合は地表に露出して栽培されています。

塊根の頂点からは細い茎を伸ばし、そこから米粒のような形状をした多肉質な葉を展開します。
葉の間からは糸のような細い毛がちょぼちょぼと生えてきます。

成長期になると、メセンの仲間らしいバイオレットカラーの鮮やかな花を咲かせます。

盆栽状の姿も美しい花も楽しめ、性質もとても丈夫なのでコーデックス初心者の方にもお勧めの一種です。


【サイズ】

塊根径:約6.7cm
株高:約13cm(葉含む)

【科・属】

Aizoaceae Trichodiadema
ハマミズナ科トリコディアデマ属

【原産地】

南アフリカ - 西ケープ州・東ケープ州 ポートエリザベス近郊

【置き場所】

夏は少し遮光をして、風通しの良い場所で管理します。
成長期である秋から春にかけては、直射日光のあたる明るい場所で管理します。
寒い季節は雪が常に降り積もっているような厳冬地を除いて、屋外でも管理可能ですが、その際は雨や雪が直接かからない場所で管理しましょう。
また冷たい風が常に当たる場所だと寒さに強いとはいえ、葉が枯れ込んだり落ちてしまう場合がありますので注意しましょう。

【水やり】

梅雨が明け、蒸し暑い時期になった夏ごろから水やりを控えめにします。
姫紅小松は涼しくなってくると徐々に新しい葉が芽吹きだしてきますので、その頃から少しづつ水やりの回数を増やします。

【肥料】

成長期の初秋や春に数度、微量元素が不足しない程度に薄めた液肥を与えます。
用土によく醗酵した有機質や、マグァンプKなどの緩効性肥料を少量混ぜ込んでおいても良いと思います。

【適温】

姫紅小松は比較的涼しい季節に成長する植物のため、寒さには強いほうです。
夏の蒸し暑さに気をつけ、暑い季節は涼しい場所で管理しましょう。