isla del pescado-手織りテキスタイル-ヨガマット-多肉植物-販売

Pachypodium baronii

パキポディウム・バロニー

Pachypodium baronii パキポディウム・バロニー

赤花の希少種、パキポディウム・バロニー

Pachypodium baronii パキポディウム・バロニー image_1 Pachypodium baronii パキポディウム・バロニー image_2 Pachypodium baronii パキポディウム・バロニー image_3 Pachypodium baronii パキポディウム・バロニー image_4 Pachypodium baronii パキポディウム・バロニー image_5

price : ¥12,300

stock : 1


花の希少パキポディウム、“パキポディウム・バロニー”です。


マダガスカル北西部 - マハジャンガ州のベファンドリアナ(Befandriana-Nord)から、マンドリツァラ(Mandritsara)にかけてが原産で、標高の低い乾燥林の痩せた土壌や、岩の上に自生しています。

種小名の \'baronii\' は、20世紀初頭にマダガスカルの植物分類学に多大な貢献をしたロンドン出身の宣教師、リチャード・バーロン牧師(Richard Baron)にちなんで命名されました。

パキポディウム・バロニーは、1907年にパキポディウム属として最初に記載された古くから知られる種でもあります。
ちなみにバロニーの自生している地域に暮らすツィミヘティ族の間では \'Bontaka\' という名称で呼ばれているようです。

太く大きなトゲと、トックリ状に膨らむ幹が特徴で、大きく成長すると幹が肥大し丸い壺のような見た目に成長します。
パキポディウム属の仲間は小さなうちはどの種も似たような見た目をしていますが、パキポディウム・バロニーは子株のうちから大きなトゲをもち、比較的簡単に判別できます。
また、茶褐色のシワが入ったような表皮もバロニーの特徴の一つ。同属の \'Pachypodium rosulatum var.gracilius\'(象牙宮)や、 \'Pachypodium rosulatum var. inopinatum\'(パキポディウム・イノピナツム)のようなツルっとした表皮をした種も魅力的ですが、バロニーのいかにも年季が入ったような味のある表皮も渋い魅力があります。

成長点付近の枝の先端にはトゲが密集しており、そこからツヤのある、濃いダークグリーンの葉を生やします。
厚みのある葉っぱは、どことなく皮革製品を思わせる質感。

パキポディウム・バロニーの最大の特徴はパキポディウム属の中でも珍しい深紅の花です。
目も覚めるような赤い花弁は、異様な樹形の見た目と相まって、この種の魅力を最大に引き出しています。

よく似た見た目の種に、\'Pachypodium baronii var. windsorii\'(パキポディウム・ウィンゾリー)という種がいますが、樹形や花の形状に違いがあるため、比較的見分けるのは容易です。

難点といえば、パキポディウム・バロニーの自生地は、マダガスカルの中でもかなり温暖な地域なので寒さに弱いところ。
また流通量が極端に少なく、国内に出回ることがほとんどないので、手に入れた方は大事に育てて下さい。


【サイズ】

株高:約11.5cm(葉含む)

【科・属】

Apocynaceae Pachypodium
キョウチクトウ科パキポディウム属

【原産地】

マダガスカル - マハジャンガ州 ベファンドリアナ(Befandriana-Nord)からマンドリツァラ(Mandritsara)

【置き場所】

年間を通して日光のよくあたる場所で管理します。
パキポディウム属を栽培する上で日光はとても重要な要素です。

日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。
特にパキポディウム・バロニーは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し株や鉢の温度があがるようにしてください。
また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。

夜間の最低気温が15度を上回る場合は、遮光やUVカット等のない屋外で直射日光や風に当てたほうが、より締まったコンパクトな樹形に育ちます。
硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意して管理してください。

【水やり】

成長期の初夏から秋にかけては、用土が乾燥してからたっぷりと水やりします。
直射日光の長時間当たる場所で管理している場合、梅雨明け以降は雨ざらしにし雨風に当てた方が調子よく育ちます。

あまり頻繁に水やりしすぎると枝が長く伸びる場合もあるため、その場合は水を控えめにします。
成長はより緩慢になりますが、パキポディウム・バロニーは辛めに水やりしたほうが良い株姿になります。
露天で育てている場合、水やりは雨のみにまかせる手もあります。

秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めてからは断水気味に管理します。

小さな株や、活着前の株は長期間断水すると株が弱る場合があります。
また休眠中も月に数回、軽く用土を湿らせる程度に水やりすると、細根が完全に枯死することを防げる場合があります。
寒い時期に水やりする場合は好天の続く気温が高い日を狙って午前中にごく少量の水やりし、気温の下がる夜間までにはほぼ乾いている程度にします。

春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなりたくさん水やりはせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。

【肥料】

パキポディウム・バロニーは肥料をあげると旺盛に葉を展開しますが、枝が伸びやすくなり、トゲの生える間隔や密度も広がってしまいます。
なるべく肥料は控え、成長期の夏に微量元素が不足しない程度にごく少量のみ施肥しましょう。

【適温】

パキポディウム・バロニーの自生する地域は、マダガスカルの中でも最も気温の高い熱帯地域です。
そのため、パキポディウム・バロニーはパキポディウムの中でも最も寒さに弱いのでなるべく冬は暖かいところで管理します。
夜間の最低気温は15度を下回らないように管理すると安全に越冬できます。

また葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。
休眠中も日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。